今最も注目のセレクトショップKITHそしてRonnie Fiegとは?

Pocket

NYCのSOHOに本店をかまえるKITH(キス)。

Nike、Adidas、Puma、Asicsなど数多くの有名ブランドとコラボレーションを行い、

その名を知らない人はいないのではないだろうか。

今最も勢いのあるセレクトショップと言って間違いないだろう。

 

 

KITHの創設者Ronnie Fieg(ロニー・フィグ)は、2500足以上のスニーカーを持つコレクターとしても有名。

 

 

NYCのクイーンズ出身であるRonnieがスニーカーに興味を持ったのは、13歳でNYCの有名スニーカーショップ

David Zの店員として働き始めた時。25歳の時にはヘッドバイヤーとして店の管理や、

コラボレーションモデルのデザインを初めて経験する(Asics Gel-Lyte III)。

同スニーカーは3色、各252足発売。

その中の一足は、NYCの新聞The Wall Street Journal(ウォールストリートジャーナル)のカバーに掲載され。

即完売するなど当時からデザインのセンスを発揮していた。

その後、経験を積んだ彼は自身の店をオープンする為に2010年David Zを離れる。

そして、展示会Liberty(リバティ)の創設者であり、NYCのブティックAtrium(現在は閉店)のオーナーである

Sam Ben-Avraham(サム・ベン・アブラハム)の協力を経て$500,000を投資し2011年にKITH NYCをオープンした。

店舗は、現在の位置ではなくAtriumの裏に位置していた。

KITHという名前の由来は、KITH and KINという言葉からきており、スコットランドの古い言葉で

Friends & Family(友達と家族)を意味する。

 

 

2012年にはアパレルブランドKITHの販売を開始。セレクトショップであるKITHがオリジナルブランドを始めた

理由としては、Ronnieがお客様からスニーカーよりも自身が着用していた服が何かと尋ねられることが多かった

ことから需要があると気が付いたからだという。ちなみに彼がよく着用していた服はAtriumから

購入したカーゴパンツを自身でカスタムしていたものだそうだ。

 

 

その後、ブルックリン、マンハッタンのレディース専門店、そしてマイアミにも店舗をオープン。

SOHOにある本店では、ナイキとのポップアップショップを開催している。

 

 

KITH Blookryn

 

KITH Miami

 

昨年は、NY Fashion weekでもコレクションを発表するなど、勢いが止まらないKITH、

今後も目が離せない。

 

Pics Via KITH,RonnieFieg(Twitter)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ