Calvin Klein 2018 Spring Summer

Pocket

Raf Simonsが手掛けるCalvin Kleinの2018春夏コレクションがNYにて公開された。最新のコレクションは、アメリカのウエスタンから着想を得た、ウエスタンシャツやカーボーイブーツやフリンジのアイテムに春夏らしい鮮やかな色を用いている。また、ショーの音楽にはホラーミュージックが流れており、スプレーを浴びせたようなデザインや、ワックスジャケット、ナイフのプリントが施されたアイテムなどホラーの要素もコレクションには含まれている。今最も注目されているデザイナーと言っても過言ではないRaf Simonsが手掛けるCalvin Kleinは下記からご覧頂きたい。

 

Raf Simons unveiled Calvin Klein 2018 Spring Summer Collection at NY fashion week. This collection consists of Western shirts,shiny pants,cowboy boots and fringe bag inspired by Western Americana.  And Other pieces, include waxy denim jackets accented with abstract paint splatter, patchwork knits and plaid blazer suit inspired by Horror. Check out Calvin Klein 2018 Spring Summer Collection from below.

 

 

 

Pics Via,Hypebeast

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ