CLO-Z releasing collaboration cap with Sho Hanafusa from Complex.

Pocket

USのストリートカルチャーを牽引し続ける最有力メディアCOMPLEX  (コンプレックス)に所属する日本人グラフィックデザイナー”SHO HANAFUSA” が札幌のセレクトショップ CLO-Z (クローゼット) とのコラボレーションキャップをリリース。温かみのあるコーデュロイ素材のCapに “SHO HANAFUSA” によるオリジナルグラフィックを落とし込んだ6パネルキャップは、ブラウン、ネイビー、グリーン、バーガンディーの4色展開。同コラボレーションは、12/2(土)より札幌のCLO-Z、ONLINE(8PM)にて発売、価格は、6,000(税別)となっている。

 

Sho Hanafusa(NYC在住グラフィックデザイナー/アートディレクター。Complex Networks, アート部署所属。)

2011年、カリフォルニア州立大学フラトン校グラフィックデザイン科を卒業後、ニューヨークに移動。Complex Media(現Complex Networks)でインターン以来、Brent Rollinsに師事。2015年、Complexのデザイナーとして復帰。Complex Magazine、ComplexCon、The 1996 Project(ヒップホップの歴史を掘り下げるプロジェクト)のデザインを担当。2017年、2年目のComplexConのデザインを担当し、村上隆とMarc Eckoとメインのデザインを共作。現在、First We Feast(Complex Networksのフードチャンネル)のArt Directionも担当。

 

 

Japan based select store CLO-Z collaboration with Japanese Graphic Designer Sho Hanafusa from Complex. It features corduroy 6panel cap with his graphic and store’s logo. This collaboration will release on December 2nd JST at CLO-Z and Online.

 

Sho Hanafusa(Graphic Designer/Art director Complex NetWorks Art department)

He was in charge of Complexcon’s design this year and worked with Takashi Murakami and Marc Echo for main design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ