GUCCI 2018 Fall Winter Collection.

Pocket

Alessandro Micheleが手掛けるGUCCIより2018年秋冬のコレクションが公開された。今期は、哲学者ドンナ・ハーワウェイが1984年に発表したサイボーグマニフェストを読み着想を得たコレクションとなっており世界中で魅力を放つブランドによるロゴの衝突をコレクション内で表現。また、ロシア語のヘッドスカーフ、20年代のショーガールの衣装とジュエリー、民俗衣装のドレス、パゴダ帽子、中国のパジャマ、英国のツイード、スコットランドのチェック柄のジャケットやコートなど様々な国のアイテムがラインナップ。秋冬にテックウェアではなく、鮮やかな柄やレイヤードで魅せるGUCCIの2018秋冬コレクションをご覧頂きたい。

 

Alessandro Michele showcased his Gucci Fall Winter 2018 collection. This collection is inspired by reading of the feminist philosopher Donna Haraway’s 1984 “A Cyborg Manifesto: Science, Technology, and Socialist-Feminism in the Late Twentieth Century. The collection express mixing culture and clashing of brand logos. It includes variety of logo items,English tweed and Scottish plaid jackets,Italian 80’s suits,Russian head scarves ,20s showgirl chain mail and jewelry, pagoda hat,Chinese pajamas, chunky sneakers and more. Check out GUCCI 2018 Fall Winter Collection.

 

 

 

 

Pics Via,Hypebeast

ツールバーへスキップ