Raf Simons 2018 Fall Winter Collection.

Pocket

Raf Simonsが2018年秋冬コレクションをNY Fashion Weekにて公開。Youth in Mothionと名付けられたコレクションは、1981年の映画Christiane Fと1980年代の小説Drugsから着想を得たもので、ドラッグの文字や、それに関連する記号などがコレクションにも登場している。カラフルなコート、チェック柄のセットアップに加えて、LSDなどの文字が刻まれたパッチがついたパンツはキーアイテムになりそうだ。下記からそのRaf Simons 2018秋冬コレクションをご覧頂きたい。

 

Raf Simons unveiled his 2018 Fall Winter Collection titled Youth in Motion. It is inspired by the 1981 film Christiane F, and Cookie Mueller and Glenn O’Brien’s book Drugs from 1980s. This collection includes blight color coats, knit,sets up ,station cargo pants,waxy latex evening gloves and more. Check out Raf Simons 2018 Fall Winter Collection.

 

 

Pics Via,Hypebeast

ツールバーへスキップ