John Elliott 2019 Spring Summer Collection.

Pocket

LAを拠点に活動しているブランドJohn Elliottが2019年春夏コレクションをNY Fashion Weekにて公開。コレクションは、M・A・R・S、Blackmeans、Nike、そしてロサンジェルス市とのコラボレーションを含み、春夏らしいパステル柄やタイダイ、花柄、リゾート柄などのアウターやシャツ、ショーツなどで構成されている。中でもロサンジェルス市のロゴが入ったアイテムは、LAの雇用問題解決の為に全てLAにて生産されている。また、ショーに毎回登場するNikeのスニーカーでは、シューレースが取り除かれたLebronのスニーカーや ACG Revaderchiが登場している。下記よりJohn Elliottの最新コレクションをご覧頂きたい。

 

LA based John Elliott unveiled his Spring Summer 2019 Collection.  New collection includes M・A・R・S., Blackmeans and City of Los Angels. It includes nylon right outer, shirt,leather jacket, knit, hoodie,denimm jacket,vest and more.  He tried to manufacture in LA to make more job opportunity. Specially any piece with the city’s official seal on it is part of the collaboration are made in LA. And he also showed Lebron sneaker and ACG Revaderchi without laces. Check out his 2019ss collection.

 

 

Pics Via,Hypebeast

ツールバーへスキップ