Gucci Spring Summer 2019 Ready to wear.

Pocket

Alexandro Mikere(アレッサンドロ・ミケーレ)率いるGucciが2019年春夏Ready to wearコレクションを70年代後半から80年代初頭のクラブの栄えた場所Le Palaceにて公開された。ショーは、ミケーレらしいジャンルレスかつレトロなもので、レオパード、花柄、チェック、ファー、レザー、フリルやスパンコールと様々な素材や柄のアイテムを織り交ぜた華やかなコレクションに仕上がった。下記よりGucci 2019春夏Ready to wear Collectionをご覧頂きたい。

 

Gucci unveiled their 2019 Spring Summer Ready to wear collection at Le Palace in France where the hallowed ground of a late, great ’70s and early-’80s club in an old theater in Montmartre. New Collection is consists of different genre, patterns and materials. It includes their signature flower items,monogram items, check items and more. Check out Gucci 2019 Spring Summer Ready to wear.

 

 

 

Pics Via,Vogue

ツールバーへスキップ