Archive retailer OR NOT starts curation service.

Pocket

English follows Japanese.

数多くの貴重なアーカイブを取り扱うプラットフォームOR NOT(オアノット)』は、7月10日(金)19時にキュレーションサービスをリリースする。今回リリースするキュレーションサービスでは、『OR NOT』で販売している約10万点の商品の中からキュレーターが独自の目線で商品をピックアップ。各キュレーターの思い入れやセンスが垣間見られる機能となっている。また、キュレーションサービスの一環として、キュレーターの私物を『OR NOT』へ出品し、「コレクションリスト」として公開・販売することも予定している。キュレーターの私物出品では、デザイナーズブランドのアイテムをはじめ、ヴィンテージ衣類や雑誌、アート作品、おもちゃ等、従来の『OR NOT』では取り扱いが無かったアイテムも販売予定。さらに機能リリースに合わせて、世界中のアーカイブファンが注目するアカウント「RAF SIMONS ARCHIVES」が、初のコレクション販売を『OR NOT』のキュレーションサービスを使って行う。

RAF SIMONS ARCHIVES:@raf_simons_archives

また、世界で最もアーカイブの集まる街である渋谷に拠点を置く「Archive Store」も、キュレーションサービスを使っての販売を開始。加えて、NordstromのSam Lobban氏をキュレーターとして迎え、「RAF SIMONS ARCHIVES」と「Archive Store」の商品を使った「コレクションリスト」を公開する。ファッションディレクターの小木”Poggy”基史氏による「コレクションリスト」も、7月10日の機能リリースに合わせて公開予定となっている。その後も「Colette」、「JUST AN IDEA」創設者のSarah Andelman氏をはじめ、スタイリスト、アーティスト等、様々なジャンルからキュレーターを迎え、毎週新たな「コレクションリスト」を提供していく予定だ。今後もますます多角的に発展していく、『OR NOT』から目が離せない。

『OR NOT(オアノット)』
2019年よりスタートした、グローバルプラットフォーム。
デザイナーズファッションブランドのアーカイブに特化したオンラインストア、業界の第一線で活躍するスタイリスト/エディター等が参画し、サステナビリティとファッションアーカイブの面白さを唱えるメディアから構成される。国内より選りすぐりのアーカイブを揃え、北米-ヨーロッパ-アジアに向け発信している。
URL:https://or-not.com/
Instagram:@ornot_official

 

Online platform OR NOT starts curation service today. OR NOT carries more than 100,000 archives. Special curators selected their favorite piece from OR NOT’s stock and Curator also brought their own items. Curators including Sarah Andelman(Collete), Raf Simons archive, Poggy and more. This service starting from July 10th 7pm JPT. Check out their online.

 

 

 

Pics via,OR NOT

ツールバーへスキップ