Raf Simons’s right hand man Pieter Mulier become creative director of Alaïa.

Pocket

English follows Japanese.

Raf Simonsの右腕として活躍したPieter MulierがAlaïaのクリエイティブディレクターに就任。ベルギー人のMulierは、Raf Simonsにてキャリアをスタート、その後にJil Sander、Dior、Calvin Kleinとビッグメゾンで経験を積んだ。Raf SimonsとDiorのアトリエ間での彼の役割は、2014年に公開されたドキュメンタリー映画”ディオールと私”でも実証されていた。Pieter Mulierが手掛けるAlaïaの最初のコレクションは2022年春夏コレクションとなるので楽しみに待ちたい。

 

Myriam Serrano, the CEO of Alaïa, announced Pieter Mulier’s appointment as the maison’s new creative director today. Pieter Mulier, who is Belgian, long worked as Raf Simons’s right hand man, first at his own brand, and later following him to JIL SANDER, DIOR, and CALVIN KLEIN. His first collection is going to be Spring Summer 2022 Collection.

 

ツールバーへスキップ