YOHJI YAMAMOTO announced Yohji Yamamoto Chronicle which introduce their brand history.

Pocket

English follows Japanese.

YOHJI YAMAMOTOがフレームバイフレームで編集したYohji Yamamoto POUR HOMMEの過去のコレクションルックをYohji Yamamoto Official YouTubeInstagramを通じ3/13 9pmより配信・公開。約40年分のコレクションからセレクトされたシーズンを振り返り「Yohji Yamamoto POUR HOMME」の原点を再見する。

「メンズは楽しくやらないと面白くない。意味もなく興奮するような気持ち。
男は格好いいだけではダメ。何かとヒューモアのような、自虐的な何かがどこかに無いと面白くない。
状況がやばくなればなるほど笑えてくるような、チャーミングな男には必ず不器用なところがある。」

揺るぎないスタイルと、素材やディテールへの拘り。1984年の発表当初からYohji Yamamoto POUR HOMMEの中核にある精神と、泥臭さと渋みの美学、特有のヒューモアが、現在まで、メンズファッションモードを牽引する重要な立ち位置を変わらないものにしている。

3月13日(土)の配信をスタートに、シーズンを巻き戻しながらYohji Yamamoto POUR HOMMEの「服」を振り返っていく。約40年に渡り発表されてきたコレクションに登場する数々のシルエット、服のディテールに宿る精神。Yohji Yamamoto POUR HOMMEの原点と、未来の創造、「服」と対峙するプロジェクトとなっている。

 

 

YOHJI YAMAMOTO announced Yohji Yamamoto Chronicle which introduce their brand history.

“Menswear has to be fun. Some sort of meaningless excitement… Being stylish and good looking isn’t enough. A certain sense of humor, some kind of self-derision seems crucial.
The kind of situation where the more you try to get serious, the less you can hold your laugh.
A charming man has always something clumsy.”

Unshaken style and obsessive attention are brought to the fabrics and to the details. Since its debut in 1984, the spirit residing within Yohji Yamamoto POUR HOMME stayed unchanged. Its crudeness, its sharpness and its unique humor now became essential to the evolution of Men’s Fashion.

Rewinding the seasons to take a retrospective glance on Yohji Yamamoto POUR HOMME’s clothing. Worth of 40 years of Fashion shows, they will present a great number of looks until their most meticulous details. This project is an invitation to the past and an incitement to the future of Yohji Yamamoto POUR HOMME brand.​ ​

It will be available at their Instagram and Youtube account on March 13th at 21:00.

 

ツールバーへスキップ