Martin Margiela in his own words releasing on September 17th in Japan.

Pocket

English follows Japanese.

多くのデザイナーに影響を与えた伝説的デザイナーマルタン マルジェラのドキュメンタリー映画がヨーロッパではプレミア上映された。実験的な手法を取り入れたコレクションは多くの熱狂的なファンを獲得、現代でもアーカイブが注目されている。しかし、一貫して本人は全く公の場に姿を現さず、匿名性を貫いた人物としても知られるが、今年公開されたドキュメンタリー映画We Margielaにて当時のクリエイションに関わったスタッフによりその素顔の一部が語られた。新作映画のタイトルは、Martin Margiela in his own words。直訳するとマルタンマルジェラ彼自身の言葉と題されるので、今までに公開されなかった彼自身のインタビューやドキュメンタリーになるようだ。同映画は、2020年後半公開予定。

Martin Margiela in his own wordsがいよいよ国内で公開される。常に時代の美的価値に挑戦し、服の概念を解体し続けたデザイナー、マルタン・マルジェラ。キャリアを通して一切公の場に姿を現さず、あらゆる取材や撮影を断り続け匿名性を貫いた。本作の監督のライナー・ホルツェマー(『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』)は、難攻不落と思われたマルジェラ本人の信頼を勝ち取り、「このドキュメンタリーのためだけ」という条件のもと、ドローイングや膨大なメモ、初めて自分で作った服などプライベートな記録を初公開し、ドレスメーカーの祖母からの影響、ジャン=ポール・ゴルチエのアシスタント時代、ヒット作となった足袋ブーツの誕生、世界的ハイブランド、エルメスのデザイナーへの抜擢就任、そして51歳にして突然の引退――これまで一切語ることのなかったキャリアやクリエイティビティについてカメラの前でマルジェラ自身が語る、貴重なドキュメンタリーを作り上げた。9月17 日より国内での公開。(7/25更新)

 

Legend designer Martin Margiela‘s documentary movie released in 2018, but another movie coming soon. New movie is titled as Martin Margiela in his own words. The movie offers a rare peek at the designer’s inspirations and vision via self commentary. Also people around him are describing his personality and creation.

The movie will be available on September 17th in Japan.(Updates August 10th)

 

 

Pics Via,Martin Margiela his own word

ツールバーへスキップ