BOTTEGA VENETA has appointed its new creative director, Matthieu Blazy.

Pocket

English follows Japanese.

BOTTEGA VENETAは、2000年から同社で働いている新しいクリエイティブディレクター、Matthiew Blazyを任命した。
彼はブリュッセルのLa Cambreを卒業、Raf Simonsのメンズウェアのデザインを始めた後、Maison Martin MargielaでArtisanalと女性のプレタポルテをデザイン。 2014年、CÉLINEのシニアデザイナーに指名され、フィービーフィロとダニエルリーと共に働いた。 その後2016年から2019年まで再びRafSimonとともに働き、彼の手掛けるCalvin Kleinをサポートした。 Blazyの手がけるコレクションは、2022年2月に発表される。

 

BOTTEGA VENETA has appointed its new creative director, Matthieu Blazy who has been working at the brand since 2000.

He graduated from La Cambre in Brussels, he began his career of designing menswear for Raf Simons, before working at MAISON MARTIN MARGIELA to design Artisanal and the women’s ready-to-wear.

In 2014, he was named senior designer at CÉLINE where he worked with Phoebe Philo and Daniel Lee.
He also worked again with Raf Simons at CALVIN KLEIN from 2016 to 2019.

He will show his first collection for BOTTEGA VENETA in February 2022.

 

ツールバーへスキップ