Nike Dunk High Orchard Street.

Pocket

近年、Sotheby’sやChristie’sなどの世界的オークション会社がスニーカーのオークションを開催、Air Yeezy1のサンプルは約1億9千万円で落札されるなど貴重なスニーカーはアートやデザイナーズのアーカイブと同様の評価を受けている。

WTSが今回紹介させて頂くのは、Dunkの歴史を語る上で欠かせない一足、オークションに出品されれば間違いなく数百万円を超えるだろう。

近年ではVirgilもストリートカルチャーの歴史で重要な一足と語っている。Orchard Streetにより40足限定で製作された約半分はJay-Z、NASなどのニューヨーク市の有名人に渡され、残りの半分はマンハッタンの電線に吊るされる形で展開された。同時に、靴の写真が描かれた大きな「WANTED」の看板がニューヨーク市のいたるところに掛けられたという。Pop UpやSNSがない時代に仕掛けられたゲリラリリースは、今尚伝説として語り継がれている。

These are more than sneakers. Virgil also said “very important” These are limited to 40 pairs and maybe a bit of history about this pair. About half of the pairs were given away to celebrities from New York City like Jay Z, and NAS and the other half was hung up in hard-to-reach places in Manhattan, like lamp phone wire lines. At the same time, large “WANTED” signs with a picture of the shoe were hung up all around New York City.

 

 

 

ツールバーへスキップ